木造住宅のメリットとデメリットは?特徴なども紹介

不動産コラム

木造住宅のメリットとデメリットは?特徴なども紹介

マイホームの購入を検討されている方のなかには、鉄骨住宅か木造住宅のどちらの家を購入したほうがよいか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、木造住宅のメリットとデメリットを知ってから購入を検討したいという方も多いでしょう。

そこで今回は、木造住宅のメリット・デメリットとともに特徴などを紹介します。

マイホームの購入を検討されている方は、ぜひ参考にご覧ください。

木造住宅の特徴

木造住宅は、住宅の柱や壁などの強度を支える構造体に、木材を用いた住宅のことです。

日本では木造住宅が古くから採用されています。

総務省が平成30年に発表した住宅・土地統計調査 住宅数概数集計という資料によると、一戸建の住宅の約9割以上を木造住宅が占めていることがわかります。

木造住宅の構造材に使用される木材の特徴は、鉄骨や鉄筋コンクリートと比べて、軽くて加工がしやすいことです。

そのため、木造住宅は鉄骨住宅と比べても、間取りの変更をともなうようなリフォームもしやすいでしょう。

また、木材は熱伝導率が低いため、木造住宅は断熱性に優れているうえに吸湿性が高いことも特徴だといえます。

参照元:平成30年住宅・土地統計調査 

住宅数概数集計: https://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2018/pdf/g_gaiyou.pdf?_fsi=Bkhiwwmy

木造住宅の建築工法

木造住宅には、大きく分けて2種類の建築工法があります。

1つが日本ではポピュラーな工法の「木造軸組工法(在来工法)」で、もう1つはアメリカから伝わってきたとされる「木造壁式工法(2×4工法)」です。

以下に、それぞれの建築工法の特徴をまとめました。

 木造軸組工法(在来工法)

木造軸組工法(在来工法)とは、柱と梁を組み合わせて建物を築く、日本の伝統的な工法です。

木造軸組工法では、壁ではなく軸組で骨組を支えるため、壁を設ける場所の選択肢が多く、設計上の制限を少なくできるという構造上のメリットがあります。

そのため、木造軸組工法で作られた木造住宅は、狭い土地や変形した土地、傾斜がある土地といった特殊な土地であったとしても比較的建てやすいとされています。

ほかにも、木造軸組工法は多様な間取りに対応できるほか、大きな窓も設けやすいという特徴があるため、理想どおりのレイアウトの家を建てやすい工法だといえるでしょう。

ツーバイフォー工法(2×4工法)

ツーバイフォー工法(2×4工法)とは、19世紀頃にアメリカから伝わったとされる新しい工法で、モノコック構造とも呼ばれています。

このツーバイフォー工法は、約2インチ×約4インチの構造材を木枠として、パネル状の床や壁、天井といった面で建物を支える工法です。

パネルに構造用合板を打ちつけて、6面体の箱になるように壁や床、天井などをつなぎ合わせて木造住宅を作ります。

ツーバイフォー工法で建物を建てる場合は、木造軸組工法と比べて間取りの自由度が低くなることがデメリットです。

しかし、ツーバイフォー工法で建てた建物は、耐火性や気密性、断熱性にも優れています。

ほかにも、耐震性が高くなるほか、規格化されているため工期が短いこともメリットです。

木造住宅のメリット

木造住宅は、昔から多くの方に選ばれ続けている住宅です。

そんな木造住宅が選ばれる代表的な理由は、5つあります。

以下に、木造住宅が選ばれる理由をメリットとして5つまとめました。

メリット①木造ならではの落ち着いた雰囲気がある

木造住宅の魅力は、木という自然素材に囲まれた落ち着きのある空間にあります。

木材は自然素材だからこそ、視覚から癒しを与えてくれますし、木の香りは疲労回復に効果があるとされています。

さらに、木に触れることで人間の脳波を安定させることができるともいわれており、リラックス効果も高いです。

実際に木に触れたとき、ホッとした経験がある方も多いのではないでしょうか。

また、天然の木材を使うことで、自然の魅力が溢れる空間となり、よりあたたかみのある家になる場合があります。

住宅は長い時間過ごす場所だからこそ、落ち着きのある雰囲気を醸し出してくれる木材の効果は、住む人にとってメリットだといえるでしょう。

 メリット②建築費用を抑えられる

木造住宅は、鉄骨や鉄筋コンクリートの構造の住宅と比較して材料費が安いため、建築コストを抑えられるというメリットがあります。

また鉄骨系の場合は、あらかじめ柱に耐火処理や防錆処理を施さないといけません。

しかし、木造住宅は木材自体の種類や厚みによっては熱伝導率が低く、耐火効果が発揮されるため下処理が簡単に済みます。

木造住宅は、鉄骨や鉄筋コンクリートの住宅よりも下処理が簡単に済むことから建築費用を抑えることが可能となり、購入価格も安く済むというメリットにつながっています。

メリット③リフォームがしやすい

木造住宅は、土台や柱などで強度を保って屋根を支えるシンプルな構造でできています。

そのため、木造住宅では土台や柱、梁などの構造体が法律の基準を満たしていれば、ほかの設計は自由に自分で決められるというメリットがあります。

間取りやデザインの設計に制約が少ないということになるため、家族の形態の変化にも柔軟に対応ができるでしょう。

また、木造住宅を取り扱っている工務店や建築会社、ハウスメーカーが多く存在するため、リフォームの依頼先の選択肢が豊富です。

たとえば、自然素材を使った住宅を得意とするメーカーや光熱費ゼロの住宅を得意とするメーカーなど、各会社に特徴と長所があります。

木造住宅は、自分にとって納得のいく価格帯を選べるだけではなく自分や家族の生活に合った家作りが可能になるため、リフォームのしやすさはメリットだといえるでしょう。

メリット④耐火性に優れている

木造住宅は、耐火性に優れているという点もメリットの1つです。

木材は、鉄骨よりも燃えやすいというイメージを持っている方が多いかもしれません。

しかし、実際は木材が燃えやすい部分は外側のみです。

そもそも木材は、一定以上の厚みになると燃えにくくなるという性質を持っています。

住宅に使用するような厚みのある木材は、たとえ火が燃え移ったとしても、表面が炭化する程度でとどまるため、それ以上燃え広がることがありません。

そして骨組として使用される木の中心部は、まわりに炭化層ができるため鉄骨造よりも強度が下がりにくいです。

そのため、もし火災が起きたとしても住宅のかたちが残りやすいため、倒壊しにくく、人命救助がしやすいというメリットがあります。

また、木材は燃えても有害物質が発生しないため、仮に燃えてしまったときに煙を吸い込んだとしても体への害は少ないです。

メリット⑤夏は涼しく冬は暖かく過ごせる

木材には、鉄と比べて熱を伝えにくいうえ、湿気を吸収するという特徴があります。

木材は、冬などの室内の空気が乾燥する時期に差し掛かると、蓄えていた水分を空気中に放出し、逆に湿気の多い時期には、空気中の水分を吸い込む働きがある素材です。

そのため、木造住宅は冬の乾燥だけではなく、結露やカビの発生も起こりにくいという点も大きな特徴でしょう。

また、木造住宅は外の気温が室内に入り込むことをほぼ防いでくれるため、暑い夏も寒い冬も快適に過ごしやすいです。

特に、木造住宅に用いられることの多いスギやヒノキ、ブナなどの木材は、鉄と比較して高い断熱性を持っています。

そのため木造住宅は、1年のなかで寒暖差があり、高温多湿な日本の気候に合っているといえるでしょう。

木造住宅のデメリット

木造住宅はメリットが多い反面、デメリットも存在します。

しかし、あらかじめデメリットを知っておくことで、定期的なメンテナンスや対策を行えば問題ないという場合が多いです。

以下に木造住宅のデメリットを4つまとめました。

デメリット①防音性が低い

木造住宅は、使用する木材の性質上、音を通しやすいというデメリットがあります。

防音性が低い理由は、構造材である木材が軽いうえに壁の中の空洞が大きいため、音が伝わりやすいためです。

ただし、木造住宅の中にも防音性が高いものはあるため、すべての木造住宅の防音性が低いというわけではありません。

たとえば、壁のなかに特殊な断熱材を入れる加工を施すことで、木造住宅でも防音性が高くなります。

また、2重サッシや防音ガラスを用いることでも防音性を高めることは可能です。

木造住宅を検討されている方のなかには、大きな道路に面した立地を希望しているという方や、家で楽器を演奏したいと考えているという方もいらっしゃるでしょう。

その場合は、吸音性の高い断熱材を壁の中に入れたり、防音性の高いサッシや窓ガラスを取り入れたりするなどの対策をおすすめします。

ハートランドでは、構造用面材に防音性に優れたノボパンという素材を採用しています。

ノボパンとは、木片を合成樹脂接着剤で固めた自然にも優しい素材のことです。

もし気になるという方は、ハートランドまでお問い合わせください。

デメリット②害虫による被害に遭いやすい

木造住宅ならではの心配として、害虫による木材の浸食被害があります。

特にシロアリは、湿気の多い場所を好む傾向にあるうえ、床下などさまざまな隙間から家に入り込んで浸食してくるという特徴があるため注意が必要です。

シロアリは主食である木材を食べてしまうため、シロアリが発生すると、家屋の部品が傷んでしまったり、壊れやすくなったりします。

場合によっては木材の家具にまで浸食してくることもあるため、木造住宅に住む場合は、シロアリ対策を行っておくことをおすすめします。

ハートランドでは、ベタ基礎工法という床下にコンクリートを敷き詰める工法を採用しているため、シロアリの侵入を未然に防ぐことが可能です。

ほかにも、ハートランドでは「Jotoキソパッキング工法」という工法を採用しています。

Jotoキソパッキング工法とは、床下の湿気をムラなく隅々まで排湿させるため、床下に溜まった空気が建物の床下の全周から抜けるように編み出した仕様のことです。

そのため、基礎に床下換気口を設ける従来工法に比べて、1.5~2倍の換気性能の実現を叶えることができます。

基礎のコンクリートと土台を絶縁するため土台を常に乾燥状態に保つため、湿気などによるシロアリからの被害も防ぐことができる設計になっています。

また、竣工後10年以内のシロアリ被害の発生に対し、最高1,000万円が保証される「しろあり保証1000」も用意していますのでご安心ください。

デメリット③ほかの建築工法と比べて耐震性が低い

耐震性の低さは、木造住宅のデメリットとして挙げられることが多い問題の1つです。

木造住宅は木材を材料にしているため、どうしても耐久性が低くなってしまいます。

さらに、木造住宅は定期的なメンテナンスを怠ってしまうとその分木材の劣化が早まります。

しかし、構造体自体に影響が出る前に対処することや、定期的なメンテナンスを欠かさず行うことによってある程度の対処は可能です。

また、建築基準法の新耐震基準では、木造住宅を建築するにあたったとしても、構造の種類や工法に関係なく、十分な耐震基準を満たすように義務づけられています。

新耐震基準では震度6強~7の大規模地震が起きても住宅が倒壊・崩壊するおそれがないように定められているため、木造住宅であっても大きく心配することはないでしょう。

ハートランドでは、建築基準法の基準をさらに最大1.5倍まで引き上げ、耐震性を高めた木造住宅の建築ができます。

さらに、耐震に効く構造用面材にはノボパンという木片を合成樹脂接着剤で固めた素材を使用し、床下には「ダイナコンティ」という木造建物用制振装置を採用しています。

ダイナコンティとは、オイルのねばりを利用して、地震による建物の揺れと傾きを軽減させる装置です。

ダイナコンティは地震直後からすぐに機能し、建物に伝わる地震のエネルギーを約20~40%減らすことで、損傷被害や建物の中にいる人の体感震度も軽減させてくれます。

耐震性に関する詳しい説明やご相談は、ぜひハートランドまでお問い合わせください。

デメリット④品質にばらつきがでることもある

木造住宅は、品質にばらつきが生じやすいこともデメリットとされています。

なぜなら、木材は管理体制によって品質が変わるほか、建築現場では職人がその場で木材を加工するケースもあるためです。

ほかにも、木造建築を取り扱う工務店の数も多いため、工務店ごとに品質の差が生まれやすいことも品質にばらつきが生じることも理由の1つでもあります。

施工会社や職人たちの力量が仕上がりに大きく影響し、住宅の質が変わる可能性があるため、理想の住まいとかけ離れないよう住宅メーカーの担当者としっかり話し合いましょう。

ハートランドではいつでもご相談を承っていますので、お気軽にご連絡ください。

木造住宅のメリットは価格が安い点や耐火性に優れている点など多数ある

いかがでしたでしょうか。

木造住宅は、価格の安さや耐火性に優れている点など、さまざまなメリットがあります。

一方で防音性に優れていなかったり、耐震性が低かったりするというデメリットも存在します。

しかし、きちんと木造住宅を建築する際にしっかりハウスメーカーや工務店と話し合うことやメンテナンスを行うことでデメリットをカバーできる場合がほとんどです。

木造住宅のマイホームのご購入を検討されている方は、しっかり木造住宅の特徴やメリット・デメリットを確認してから購入をすることをおすすめします。

ハートランドではいつでも見学予約を受けつけているため、気になる方はぜひご相談ください。

茅ヶ崎エリアで不動産の購入をお考えの方は、ぜひセンチュリー21ハートランドまで相談ください。

無料会員登録をいただくと未公開物件も含めすべての情報をご覧いただけます。


関連記事

ページトップに戻る