茅ヶ崎エリアの住みやすさと子育て事情

不動産コラム

茅ヶ崎エリアの住みやすさと子育て事情

茅ヶ崎と聞いて真っ先に何を思い浮かべるでしょうか。

茅ヶ崎市は海の近くというだけではなく、交通の便や治安も良いので、住みやすい街としてファミリー層に人気のエリアです。

ここでは、湘南エリアで建売住宅を探している方に向け、茅ヶ崎市の住みやすさについてご紹介します。

茅ヶ崎のデータと住みやすさ

茅ヶ崎市は、湘南エリアの中心に位置し、約6キロメートル四方からなるコンパクトな街です。

南側には海があり、北側には里山、真ん中には商業エリアがあります。

坂が多い湘南エリアの中でも、茅ヶ崎は比較的平坦な地形となっており、自然が多く都市機能もバランスよく配置されているのが特徴です。

茅ヶ崎市の概要を確認してみましょう。

  • 人口:242,603人
  • 面積:35.km²
  • 人口密度:7,321人/km²

茅ヶ崎市の人口は神奈川県内の58の市町村区の中で13番目です。

面積は18番目です。

湘南エリアの人口・面積・人口密度を比較してみましょう。

  • 藤沢市:437,155人
  • 平塚市:258,524人
  • 茅ヶ崎市:242,603人
  • 鎌倉市:172,821人
  • 高座郡寒川町:48,366人
  • 中郡大磯町:31,673人

茅ヶ崎市の人口は藤沢市の5割強にとどまっています。

次に面積ランキングをみてみましょう。

  • 藤沢市:69.57km²
  • 平塚市:67.82km²
  • 鎌倉市:39.67km²
  • 茅ヶ崎市:35.70km²
  • 大磯町(中郡):17.18km²
  • 寒川町(高座郡):13.34km²

面積も藤沢市の5割程度です。

人口密度ランキングもみてみましょう。

  • 茅ヶ崎市:7,321人/km²
  • 藤沢市:6,661人/km²
  • 鎌倉市:6,453人/km²
  • 平塚市:4,108人/km²
  • 高座郡寒川町:3,662人/km²
  • 中郡大磯町:2,651人/km²

湘南エリアで人口密度が一番高いのが茅ヶ崎市です。

一足伸ばせば海や山があるのにもかかわらず、スーパーなどの商業施設も多く利便性もいいので、さまざまな年代の方が住みやすいエリアです。

その結果が、人口密度にも表れています。

都会すぎず、田舎すぎず、程よくミックスされているのが茅ヶ崎市の人気の秘訣でしょう。

【関連記事】 藤沢市エリアの住みやすさを解説|建売購入者必見

茅ヶ崎の周辺施設やスポット

茅ヶ崎市には地元の方にも愛されている人気のスポットがたくさんあります。

定番の人気スポットから穴場スポットまで必見の観光スポットです。

  • サザンビーチちがさき
  • 茅ヶ崎サザンC
  • えぼし岩
  • 加山雄三モニュメント
  • 茅ヶ崎市美術館
  • 浄見寺
  • 松籟庵
  • 氷室椿庭園

一つずつご紹介します。

サザンビーチちがさき

夏は海水浴場として大人気のササンビーチちがさきですが、オフシーズンにも茅ヶ崎サザンCやえぼし岩のフォトスポットとして訪れる人が絶えない場所です。

茅ヶ崎サザンC

サザンオールスターズのCDジャケットで有名になった、サザンビーチちがさきのシンボル「C」の形をした石碑です。

縁結びスポットとして若者に人気となっています。

えぼし岩

サザンの歌詞で有名な「えぼし岩」もインスタ映えするスポットです。

正式名称は「姥島(うばじま)」といいます。

加山雄三モニュメント

加山雄三さんは幼少期から茅ヶ崎で過ごし、2010年には茅ヶ崎市民栄誉賞を受賞しました。

そのため、JR茅ヶ崎駅から海へ向かう直進道路は「雄三通り」と名付けられ、モニュメントも設置されています。

茅ヶ崎市美術館

茅ヶ崎ゆかりの作家や作品を中心に展示しています。

こじんまりしていますが、展示内容は充実しており地元の方以外にもたくさんの方が訪れる美術館です。

浄見寺

大岡越前守忠相など大岡家一族の墓所として知られ、遺品もあります。

庭園も素晴らしい厳かな寺院です。

松籟庵

高砂緑地の一角に、日本庭園・茶室・書院を持つ松籟庵があります。

松籟庵では四季折々の自然の変化を楽しめるのが魅力です。

  • 新春の梅
  • 初夏の新緑
  • 秋の紅葉
  • 冬の雪景色

このように一年中、市民の憩いの場所として親しまれています。

氷室椿庭園

国の登録有形文化財でもある氷室椿庭園は、三井不動産の元副社長である氷室捷爾さん・花子さん夫妻が所有する庭園を茅ヶ崎市に寄贈されたものです。

季節によってさまざまな種類の椿の花が楽しめます。

茅ヶ崎の交通利便性

住みやすさのポイントとして、交通の利便性は重要なポイントです。

実際、茅ヶ崎市の利便性はどうなのでしょうか?

茅ヶ崎駅には、下記のJRの3線が乗り入れています。

  • JR東海道本線
  • JR湘南新宿ライン
  • JR相模線

交通の便はかなり充実しているといえるでしょう。

2019年時点では、茅ヶ崎駅の1日の利用者数は55,778人です。

これはJR東日本の駅の中で88位となっています。

100位以内にランクインしている駅は、利用客が多い駅といえるでしょう。

また都内の主要な駅までの所要時間は以下のとおりです。

  • 小田原駅:21分
  • 横浜駅:25分
  • 川崎駅:34分
  • 品川駅:43分
  • 東京駅:51分
  • 武蔵小杉駅:46分
  • 渋谷駅:65分
  • 池袋駅:65分
  • 新宿駅:71分

横浜駅までは25分、東京駅も1時間圏内なので、通勤や通学にもアクセスのよい立地といえます。

茅ヶ崎で子育てしやすいの?

交通の便もいい茅ヶ崎市ですが、実際子育てをするのには向いているのでしょうか。

茅ヶ崎は、家族連れで楽しめる大きな公園がたくさんあり、治安もいいので安心して子育てができます。

茅ヶ崎が子育てしやすい理由をみていきましょう。

  • 茅ヶ崎市の小児医療費助成について
  • 茅ヶ崎市の保育園・こども園・幼稚園の状況
  • 子ども連れにおすすめのスポット
  • 茅ヶ崎市のスーパーについて
  • 茅ヶ崎市の治安について

茅ヶ崎市の小児医療助成金なども確認していきます。

茅ヶ崎市の小児医療費助成について

小児医療証と健康保険証を医療機関の窓口に提示すると、保険診療の自己負担額が助成される制度です。

(県内の医療機関でも使用できない場合もあります。)

小児医療助成金は下記のとおり助成されます。

  • 0歳から小学3年生までは、自己負担額が無料
  • 小学4年生から中学3年生までは、通院1回につき500円まで窓口にて負担

子どもが小さい頃は、病気や怪我がつきものです。

小児医療助成制度で自己負担額は小学3年生までは無料となっています。

小学4年生から料金はかかるものの、ワンコインで済むのはありがたいです。

ただし、茅ヶ崎市では助成に当たって所得制限があるので注意してみていきましょう。

所得制限について

お子さんの年齢が4歳以上になった場合、父母の所得の高い方に下記の所得制限があります。

所得制限額は以下のとおりです。

  • 申請者の税法上の扶養人数が0人:5,320,000円
  • 申請者の税法上の扶養人数が1人:5,700,000円
  • 申請者の税法上の扶養人数が2人:6,080,000円
  • 申請者の税法上の扶養人数が3人:6,460,000円

税法上の扶養人数が1人増すごとに38万円を加算します。

所得制限を超えてしまうと、残念ながら助成は受けられません。

茅ヶ崎市の保育園・こども園・幼稚園の状況

子育て世代に人気の高い茅ヶ崎市ですが、保育園・こども園・幼稚園の状況もチェックしておくべきポイントです。

保育園の待機児童数なども調べておきましょう。

茅ヶ崎市では、平成28年から待機児童の解消に取り組んできました。

しかし、令和4年1月1日時点での待機児童はかなり多くいらっしゃいます。

茅ヶ崎市の年齢別の待機児童数は以下のとおりです。

  • 0歳クラス:756人
  • 1歳クラス:270人
  • 2歳クラス:182人
  • 3歳クラス:63人
  • 4歳クラス:35人
  • 5歳クラス:10人

とくに乳児の待機児童数が1,200人を超えており、かなりの狭き門となっているといえます。

茅ヶ崎市で保育園を考えているご家庭は、認可保育施設以外にも認可外保育施設も選択肢として考えておきましょう。

認可外保育施設等(認可外保育施設・一時預かり・病児病後児保育・ファミリーサポートセンター)で対象の施設であれば、無償化の対象になります。

無償化の対象となる方は以下のとおりです。

  • 保育の必要性がある3~5歳クラスの児童
  • 保育の必要性があり、かつ市民税非課税世帯である0~2歳クラスの児童

これなら認可施設にこだわらなくてもいいかもしれません。

また、利用料無償化には限度額があります。

無償化の限度額は次のとおりです。

  • 3~5歳クラスの児童:37,000円
  • 0~2歳クラスの市民税非課税世帯の児童:42,000円

万が一認定保育所に入所できなくても、無償化の制度があれば安心です。

また、茅ヶ崎市の公立保育園では子育て応援事業としてイベントを随時開催しています。

茅ヶ崎市が行っている応援事業は以下のとおりです。

  • 園庭開放
  • のびのび広場
  • 体験保育
  • ほっと子育て通信発行

メールアドレスを登録するとイベント情報や、子育て情報などが配信されます。

未就園でも積極的に園に関われば、情報交換ができ、就園後もお子さんがスムーズに溶け込めるでしょう。

子ども連れにおすすめのスポット

自然がいっぱいの茅ヶ崎市には、子ども連れに嬉しいスポットがたくさんあります。

ここでは親子で楽しめる人気のスポットをご紹介します。

神奈川県立茅ヶ崎里山公園

国土交通省が選んだ「関東の富士見百景」に選ばれた茅ヶ崎里山公園は、茅ヶ崎を代表する公園の一つです。

天気の良い日には富士山を眺められます。

全長70mのローラーすべり台(風のすべり台)や大型トランポリン(雲のトランポリン)があり、お子さま連れにも人気のスポットです。

茅ヶ崎中央公園(第一カッターきいろ公園)

緑が多く地元の方の憩いの場になっています。

大型遊具などはありませんが、その分静かにのんびり過ごしたい方やお散歩をする方に向いています。

柳島しおさい公園

美しい緑の芝生が印象的な広い柳島しおさい公園は海の近くにあり、潮の香りを感じられる公園です。

広々とした芝生の上でお子さんと思いっきり駆け回るのにはピッタリでしょう。

茅ヶ崎公園

サザンオールスターズのライブも行われた茅ヶ崎公園は、野球場やテニスコートも併設された広大な敷地が自慢です。

湘南らしくヨットやクジラをかたどった遊具もあり、いつも家族連れで賑わっています。

市民の森

森と名がつくだけに森の中で自然に触れ合える人気の公園です。

令和3年にツリーハウスがリニューアルされ、さらに魅力的になりました。

ターザンロープで風を切って森の中を滑走する疾走感は、大人も子どもも大満足です。

茅ヶ崎市のスーパーについて

茅ヶ崎駅の周辺には、大型スーパーやショッピングモールが点在していて買い物には困らないでしょう。

ショッピングモール以外にも昔ながらの商店街も多いです。

昔ながらの暖かい雰囲気が楽しめるのも魅力の一つとなっています。

茅ヶ崎市の治安について

家族連れには治安の良し悪しも気になるところでしょう。

茅ヶ崎市は神奈川県の中でも犯罪率が低く、治安の良い街といえます。

駅周辺は街灯も多く設置され、海が近いのでウォーキングやランニングをしている方も多くいらっしゃいます。

実際に茅ヶ崎市に住んでいる方の口コミでも「治安が悪い」といったものは見当たりません。

小さいお子さんがいるご家族も安心して住める地域なのではないでしょうか。

茅ヶ崎市は子育てに優しい街

茅ヶ崎市の魅力をお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

茅ヶ崎市は海に近くリゾート感もありながら、緑豊かな公園も多く存在している子育て家族には大変魅力的なエリアです。

物件の価格も横浜や鎌倉に比べるとリーズナブルでおすすめのエリアです。

センチュリー21ハートランドではお客様のご予算に合わせた物件を多数取り揃えています。

建売住宅・注文住宅・土地・マンション・中古一戸建てなど、お客様のご予算・ご要望に沿った物件がみつかります。

茅ヶ崎エリアで不動産の購入をお考えの方は、ぜひセンチュリー21ハートランドまで相談ください。

地域密着型なので、どこよりも早く新しい情報をお客様にお届けいたします。

湘南エリアで物件を探している方は一度お気軽にご相談ください。

茅ヶ崎エリアの不動産情報はこちら

関連記事

ページトップに戻る